枠 まめ知識
 

@ さまざまな咬合(こうごう)(かみ()わせ)

スペース
かみ()わせは、()しゃく(()(もの)をかみくだいて(あじ)わうこと)や発音(はつおん)影響(えいきょう)(あた)えます。 こんなかみ()わせの場合(ばあい)は、注意(ちゅうい)しましょう。
スペース
ライン
スペース
@ 反対咬合(はんたいこうごう)下顎前突(かがくぜんとつ)
スペース
反対咬合 スペース (した)前歯(まえば)(うえ)前歯(まえば)より(まえ)でかみ()っている状態(じょうたい)()しゃくする機能(きのう)低下(ていか)したり、あごの関節(かんせつ)違和感(いわかん)(かん)じる場合(ばあい)があります。
スペース
ライン
スペース
A 上顎前突(じょうがくぜんとつ)
スペース
上顎前突 スペース (うえ)前歯(まえば)(した)前歯(まえば)(たい)して(おお)きく(まえ)に出てかみ合っている状態(じょうたい)(くちびる)()じることが (むずか)しくなる場合(ばあい)があるため、前歯(まえば)乾燥(かんそう)して歯肉炎(しにくえん)になりやすく、()(もの)がかみ()りにくくなったり、発音(はつおん)影響(えいきょう)することがあります。
スペース
ライン
スペース
B 開咬(かいこう)
スペース
開咬 スペース 上下(じょうげ)奥歯(おくば)はしっかりかんでいるのに、前歯(まえば)がかみ()わない状態(じょうたい)麺類(めんるい)などを前歯(まえば)でかみ()ることができなかったり、発音(はつおん)影響(えいきょう)することがあります。 またこのようなかみ()わせを()(ひと)には、(した)(まえ)()( )すような 舌癖 (ぜつへき)(した)異常(いじょう)(うご)きをするくせ)もよく()られます。
スペース
ライン
スペース
C 叢生(そうせい)
スペース
叢生 スペース ()(なら)ぶすき()不足(ふそく)しているため、()(たが)いに(かさ)なりあっている状態(じょうたい)()()(あいだ)がむし()になったり、歯肉炎(しにくえん)になりやすくなるため、注意 (ちゅうい)必要(ひつよう)です。
スペース
ライン
スペース
D 正中離開(せいちゅうりかい)
スペース
正中離開 スペース (うえ)左右(さゆう)前歯(まえば)にすき()があるもの。 発音(はつおん)にも影響(えいきょう)します。
スペース
ライン
スペース
E 過蓋咬合(かがいこうごう)
スペース
過蓋咬合 スペース かみ ()わせが(ふか)いため、(した)前歯(まえば)()えない状態(じょうたい)前後(ぜんご)左右(さゆう) (した)あごが (うご)かしにくくなります。
スペース
ライン
スペース
F 交叉咬合(こうさこうごう)
スペース
交叉咬合 スペース かみあわせが 左右(さゆう)どちらかにずれている状態(じょうたい)。かみ()わせが不安定(ふあんてい)になります。
スペース
このページの上へ