一般社団法人 日本学校歯科医会

一般社団法人 日本学校歯科医会

教材・資料

「就学時の健康診断マニュアル平成29年度改訂」に関してのお知らせ

COの検出導入とう蝕多発傾向者判定基準が明確に記載されました

乳歯う歯

乳臼歯が後続の永久歯と交換する時期は10~11歳である。この時期まで乳歯は健全に機能する必要がある。現在、3歳児の乳歯のう蝕罹患は以前に比べて低くなっており、平成28年の一人平均う歯数は、1.0本となっている。また就学時である5歳児では1.7本に増加するが、以前に比べて減少しており、一部の幼児に多数のう歯が見られる傾向にある。また、う歯を持つ者の割合は3歳児では、8.6%であるが、5歳児では39.0%に増加する。就学前の低年齢で発生したう蝕は急性に進行し、就学後には歯の崩壊が進み歯痛を起こし、咀嚼などの機能にも影響を及ぼす。そこで就学時の健康診断では乳歯の未処置歯についても検査し、う蝕が進んでいる場合は就学前の早い時期に治療を受けておくよう保護者に勧告すべきである。要観察歯(CO)の見られる場合は、保護者に対して、間食の摂り方や口腔清掃などの保健指導を行うとともに、地域の医療機関等(かかりつけ歯科医)での専門的管理を勧めることも考えられる。また、乳歯3歯以上の処置歯がありCOが検出されたものは、う蝕多発傾向者として、専門家による継続的な管理、予防処置を促すため、その旨を担当歯科医の所見欄に記載し地域の医療機関等の受診を勧める。

*う蝕多発傾向者:歯科疾患管理料におけるう蝕多発傾向者の判定基準(5~7歳)を準用し歯冠修復終了歯が、乳歯3歯以上、または、永久歯1歯以上で、かつCOが検出された者とし、保護者に保健指導を行うとともに地域の歯科医療機関との連携を促す。

「就学時の健康診断マニュアル平成29年度改訂」の51Pより抜粋
― 公益財団法人 日本学校保健会 発刊 ―

保護者に保健指導を行うとともに地域の歯科医療機関との連携を促す
う蝕多発傾向者の判定基準について

作成:(一社) 日本学校歯科医会
う蝕多発傾向者の判定基準
歯冠修復終了歯乳歯3歯以上 または 永久歯1歯以上
上記かつ “COが検出された者”
記載例

▲ ページトップへ