一般社団法人 日本学校歯科医会

一般社団法人 日本学校歯科医会

学校119

歯・口腔・顎顔面外傷の実際と対応

学校歯科医との連携を図るために

歯の破折
救急ポイント 歯髄が露出して出血しているかどうか。
  • →①出血している
    歯髄が感染しないようできるだけ早く学校歯科医又は、かかりつけ歯科医の診療所へ。
  • →②出血していない
    時間的に余裕がある。
アドバイス 折れた歯の破折片を持っていくと使える時もある。
脱臼
救急ポイント 顎骨に異常はないか、局所だけの問題かどうか。完全に抜けてしまっているかどうか。
  • →①完全に抜けている
    汚れている場合には少量の保存液をかけてから保存液(なければ牛乳、生理的食塩水)に保存。再植の成功確率は抜けてからの時間との勝負になる。歯髄が感染しないようできるだけ早く学校歯科医又は、かかりつけ歯科医の診療所へ。
  • →②抜けていない
    学校歯科医又は、かかりつけ歯科医に連絡。
アドバイス あわてないことが大切。
陥入
救急ポイント 外傷の程度が重篤な場合が多い。意識状況も要注意。
アドバイス 意識の確認。外傷の消毒。学校歯科医又は、かかりつけ歯科医へ連絡。
顎骨骨折
救急ポイント 外傷の程度が重篤な場合が多い。意識状況も要注意。
アドバイス 意識の確認。外傷の消毒。学校歯科医又は、かかりつけ歯科医へ連絡。口腔外科へ搬送したい。
軟組織のケガ
救急ポイント 顔面や口唇のケガも学校歯科医又は、かかりつけ歯科医へ連絡。砂や小石の埋入、感染に注意する。
アドバイス 唇と歯肉を結ぶ上唇小帯の裂傷も多い。

▲ ページトップへ