一般社団法人 日本学校歯科医会

一般社団法人 日本学校歯科医会

コンクール

歯・口の健康に関する
図画・ポスターコンクール

「歯・口の健康に関する図画・ポスターコンクール」は、日本学校歯科医会が主催し、次の世代を担う幼児、児童生徒への口腔保健に関する理解と認識を高める目的で毎年、実施しています。
本事業の歴史は古く、昭和36年(1961年)から日本歯科医師会が行なってきた「歯の衛生に関する図画・ポスターコンクール」を、昭和52年(1977年)より「歯科保健に関する児童の図画・ポスターコンクール」として、日本学校歯科医会が引き継ぎ、平成10年(1998年)より「歯・口の健康に関する図画・ポスターコンクール」と名称を変え、現在に至っています。
コンクールは、全国の53加盟団体をとおして,幼稚園,小学校(低学年・高学年)、中学校、中等教育学校、高等学校、特別支援学校の幼児・児童生徒による作品を募集、毎年9月末頃に行われる審査委員会において、最も優れている作品として各部門より最優秀賞6点,優秀賞12点を選出しています。地区で選出された作品は、佳作として表彰されます。

歯・口の健康啓発標語コンクール

日本歯科医師会の主催による「歯・口の健康啓発標語コンクール」は、小学校1年生から中学校3年生までを対象に毎年行われているもので、日本学校歯科医会は共催団体として作品を募集し、審査員を派遣しています。
平成28年10月19日に審査委員会が開かれ、厳正な審査の結果、今年度の最優秀賞作品として以下の作品が選ばれました。

▲ ページトップへ